わかさ生活コラム

目の健康情報をはじめとした、わかさ生活のコラムをご紹介いたします。

9月29日は「招き猫の日」! 色ごとに違うご利益とは?
NEW

2020.09.29

9月29日は「招き猫の日」! 色ごとに違うご利益とは?

福を呼ぶといわれている「招き猫」。今日は「招き猫の日」だということをご存じですか?招き猫をこよなく愛する人たちの団体、「日本招猫倶楽部」が1995年に制定した記念日です。 「手を挙げて、私たちに福を招いてくれる招き猫に一年に一度くらいは感謝する日があってもいいのではないか」という思いから、制定されたそうです。来る(9)ふ(2)く(9)の語呂合わせから9月29日に制定されました。 ■招き猫の由来 招き猫の由来は諸説あり、どれが正しいのか判断は難しいですが、有名なところでは東京都世田谷区の豪徳寺で、白猫が寺の門前から手招きして彦根藩主の井伊直孝を雷から守ったことから「招福猫児」が誕生したという説、 また、江戸吉原の人気遊女を大蛇から守ったため、贔屓客から猫の人形を贈られたのがきっかけという説もあります。全国に広まった理由としては、貧しさ故に手放した愛猫が老婆の夢枕に立ったことから猫の焼き物を浅草神社の山道で売ったところ、大評判になったという説があります。他にも京都市伏見区の伏見稲荷説などがあり、共通することは猫に助けられたことに感謝して「招き猫」が誕生したというお話しです。 ■招き猫の手の挙げ方 招き猫には、右手を挙げているものと左手を挙げているものがあります。右手を挙げている招き猫は「金運」、左手なら「千客万来」とご利益が異なります。また、手の高さが高いほど、大きな福を招くともいわれています。しかし、両手を挙げた招き猫は、欲張りすぎて「お手上げ状態になる」と言われ、あまり人気がないようです。 ■招き猫の色によって違うご利益 ・「白」は開運招福 最もポピュラーな色である白色は、「開運招福」であるとされ、さまざまな面において福をもたらしてくれる存在であると考えられているようです。 ・「黒」は家内安全 黒い猫は縁起が悪いと思われがちですが「魔除け」や「家内安全」のご利益があると言われています。 ・「金色・黄色」は財運・金運 金色の招き猫は「金運・財運」のご利益をもたらしてくれると言われています。 ・「赤色」は無病息災 赤色の招き猫は「健康長寿」や「無病息災」のご利益があります。 ・「ピンク」は恋愛成就 ピンク色の招き猫は「恋愛成就」を招くと言われています。左手を上げている招き猫は「人」を招くと言われていますから、恋愛成就を期待して招き猫を買う場合はピンクの左手を上げている招き猫がおすすめです。 ■招き猫の置き場所 置くとご利益があると考えられている招き猫。ご利益を発揮してもらうために、置く場所として最も基本的な位置とされているのは玄関です。その理由は、招き猫は手を挙げて金運や人を招く動作をしていますが、そのようなものが入ってくるとされる出入口は家の中だと玄関と考えることができるからです。玄関に向かって正面がくるように置くようにしましょう。これにより、外から入ってくる金運や人を招き寄せることができます。いかがでしたか?おうちの中にしまっている「招き猫」はありませんか?招き猫は人の出入りがない場所を嫌がるので、しまっていたり、暗い場所には置かないように気をつけましょう。また、置きっぱなしでホコリがかぶってしまうことのないように汚れやホコリは拭き取るようにしてくださいね。 【関連記事】 ※ 猫はどうして鳴くの?猫が伝えたいことはどんなこと? ※ 愛猫の健康管理、おうちでできるチェック方法 ※ 犬や猫と生活をすると飼い主の健康状態がよくなる?!

もっと見る

1~19件(全248件)

1~19件(全248件)

わかさ生活ランドトップへ