メノコトコラム

教えてブルーベリー博士

2020.09.02

学習 コラム

パソコンやスマホ使用者におすすめのドライアイ対策法

目薬をさす男性

パソコンやスマホの使用など、目を酷使することの多い現代社会。日ごろパソコン端末に向かって仕事をしている人のうち、3人に1人がドライアイを高頻度で起こしていると判断されています。どんな人にも起こる可能性のあるドライアイ。その対策を紹介します。

長時間スマホやパソコンの画面を見続けた時、目が乾く、見えにくい、目が疲れるといった経験はありませんか。その症状はドライアイの可能性があります。ドライアイは慢性的な目の不快感や疲れをもたらすため、生活の質を著しく下げてしまうかもしれません。
ドライアイになっている目は、目の表面にある涙の量が減ったり涙の状態が不安定になったりすることによって目の表面のうるおいが低下します。その結果、目の乾燥や疲れ、目がごろごろするといった症状が起こります。このような症状におすすめの対策を紹介します。

ドライアイにおすすめの対策その1 ~ドライアイ対策目薬~

ドライアイは涙に関連する症状です。そのため涙の代わりになったり、目の表面を守る成分を含む目薬がおすすめです。眼科ではドライアイのタイプや症状に合わせて、適切な点眼薬が治療薬として処方されます。

●涙に近い成分を含む目薬
涙に近い成分を目に補充することで、一時的に症状を改善する目的で使用されます。
●涙を目の表面にとどめておく目薬
主成分としてヒアルロン酸を含んでいるドライアイ用の目薬は、目の表面に水分(涙)を保持する目的で使用されます。

目薬をさすイラスト

ドライアイにおすすめの対策その2 ~日常の過ごし方~

ドライアイ対策には目薬を使って治療する前の、ならないための心がけも大事です。ドライアイは、日常生活の目の使い方と深く関わっています。パソコンを使う作業中は、画面を見下ろす角度で作業をすること、意識的にまばたきをすること、休憩が大切です。他にも室内の空気が乾燥しないように加湿器などを使って湿度を保つことも有効です。

ドライアイの治療薬には様々な種類があり、目の状態によって適切な目薬を使うことが重要です。そのため、ドライアイの症状を感じた場合は、病院で診察を受けたり、薬局で薬剤師さんに相談することが大切です。また、ドライアイを予防する生活習慣はドライアイになっている方の目にも優しい生活習慣です。症状がひどくならないように、日ごろから対策を心がけましょう!

この記事を書いた人(監修)

大江 絵美

わかさ生活みらい研究所研究員
大江 絵美

知識が豊富で探求心旺盛な理系女子。
ビルベリーが大好きでビルベリーに関して話し始めると止まらないビルベリー狂。
研究のことはもちろん時事ネタに至るまで、気になったら即行動・確認せずにはいられない!

シェアして友達に教えよう!

  • ラインのアイコン
  • ツイッターのアイコン
  • facebookのアイコン
メノコトLifeトップへ