メノコトコラム

ビジョントレーニング

2020.03.04

トレーニング コラム

第2回 大人も子どももゲーム感覚で楽しくチャレンジ!

トレーニングのワークシート

みなさん、目は疲れていませんか?
夕方になるとピントが合いにくくなってしまうだけでなく、朝起きた時からなんとなくスッキリしない…なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。目の疲れがとり切れていないのかもしれません。
PCやスマホで目を酷使しがちな毎日、目を休めてあげることは大事ですが、目の筋肉を動かすビジョントレーニングもお勧めです。

私たちの目は、片目に6本ずつの筋肉があることで、上下、左右、回転など自由に動かすことができます。そうそう、手元にピントを合わせる時の「寄り目」、これも眼球の内側にある筋肉を緊張させています。
同じ筋肉ばかり使うことで凝り固まった状態は、体の筋肉も目の筋肉も同じように「疲労」を感じる要因になります。

また、視力低下の要因なるともいわれています。特に子どもは筋肉が柔らかく、近くに目を寄せる力が強いことで大人以上に無理ができてしまうため、視力に影響が出やすいともいわれています。

肩コリのように、外からマッサージしてあげるコトができない目の筋肉は、バランスよく筋肉を動かすことがストレッチになります。今回は、目に関する情報サイト『メノコト365』でも人気のビジョントレーニングをやってみましょう!

親子でトレーニングの写真

やり方…といっても、①から㊿までの数字を順番にさがし、見つけたらタッチする
たったこれだけです。
ポイントは、「頭を動かさないように目だけを動かし数字をさがす」こと。「指差ししながら数字を探すのではなく、見つけたらタッチする」という2つです。

1回目のタイムを計っておいて、2回目、3回目と速くできるようにチャレンジしてみたり、60秒間でいくつ見つけられるかを計ってみたり、同じシートを用意して競争してみたり…と、ゲーム感覚で楽しみながらトレーニングしてみてください。

大人も子どもも楽しめるビジョントレーニング、ぜひ試してみてくださいね。

この記事を書いた人(監修)

わかさ生活プロアドバイザー
戸田 友里

2人の子どもを持つお母さん。
目のこと、健康のこと、栄養のことに精通し、誰からも頼られる頑張り屋さんで向上心があり、自ら進んで読書やセミナー参加を通じて、常に新しい情報をアップデート中。
疲れがたまるとブラックになる一面も・・

シェアして友達に教えよう!

  • ラインのアイコン
  • ツイッターのアイコン
  • facebookのアイコン
メノコトLifeトップへ
トップへ