メノコトコラム

教えてブルーベリー博士

2020.07.15

学習 コラム

ブルーベリーはひとみに効果がある?ない?

ブルーベリーと眼鏡

ブルーベリーが目に良いという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。しかし、いつ、どこで聞いたのかよくわからないという方や、本当なのかなと疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

ブルーベリーが目に良いのか、本当のところはどうなのか調べてみました。

ブルーベリーが目に良いわけではない?

実は、「ブルーベリーを食べると目に良い効果がある」という研究はほとんどされていません。ブルーベリーは150種類以上といわれるほどたくさんの品種があり、成分の含有量も様々なので、ブルーベリー全体での研究は難しいのです。

しかし、ブルーベリーなどに含まれる「アントシアニン」という成分が目に良い働きがあると研究されているのは事実です。例えば、「レモンに含まれるビタミンCは美肌に良い」「トマトに含まれるリコピンが血管に良い」といわれることがありますよね。食品にはこうした、機能性を持った成分が含まれています。

目に良いといわれるのはブルーベリーの成分「アントシアニン 」

「アントシアニン」はブルーベリー以外にも、シソやサツマイモ、ナス、黒豆など様々な食品に含まれています。食品によって「アントシアニン」の種類や含有量が違うため、それぞれの食品ごとに色も青紫色や赤色、青色などというように色も様々です。その中でも、目に関係する研究が多く行われているのは、ブルーベリーに含まれる青紫色の「アントシアニン」です。特に、北欧に自生する「ビルベリー」は、アントシアニンの量が一般栽培種のブルーベリーに比べて約5倍(わかさ生活調べ)も多く、サプリメントの原材料として使われているのもほとんどがこの「ビルベリー」です。

「アントシアニン 」が良いといわれる理由

「アントシアニン」がロドプシンの再合成を促進するという研究論文が発表されたのは、なんと今から50年以上も前の1968年です(※1)。

ロドプシンとは、網膜にある、光を感知する細胞の中に存在するたんぱく質です。ロドプシンは光を受けると瞬時に分解され、すぐに合成するということを繰り返し、光の信号を電気信号に変え脳に伝わるようにしています。

しかし、目を酷使していると再合成が追いつかなくなり、見づらさを感じるようになります。夕方になるとしょぼしょぼする。なんだかはっきり見えない…。と感じる時は、ロドプシンの再合成がうまくいっていないのかもしれません。

ロドプシンにアントシアニンが作用し、ロドプシンの再合成を促進すると発表されたのが、1968年の論文です。

ビルベリーエキス、アントシアニンの視機能に対する研究

ブルーベリーを使った目の研究は多くありませんが、よりアントシアニンを多く含むビルベリーエキスを使った目の研究は存在します。

夜間の視力を向上させ、弱い光(薄暗)の条件のもとであっても視力の順応を促進させることも知られています。また、逆に、眩しい光刺激を与えた後にみられる、一過性の視機能低下においても、ビルベリーエキスが視機能の回復時間を短縮させる働きを持っていることが報告されています。(※2)

他にも、アントシアニンの視機能に対する作用は、糖尿病網膜症、白内障、緑内障、仮性近視に対する作用についても研究が進められています。(※3、4、5)

スマホやパソコンを使った目の疲労に関する研究

スマホやパソコンが生活に浸透している今、機能性表示食品制度が始まったこともあり、VDT作業(パソコンなどディスプレイを持つ機器を使って作業すること)による目の疲れとビルベリーの関係の研究も増えています。

例えば、ビルベリーエキスを1日16mg、4週間摂取させるという研究では、VDT作業によって起こる一過性の自覚症状、「目が痛い」「かすむ」などといった症状を感じにくくなったという報告があります(※6)。また、ビルベリーエキスを1日48mg、12週間摂取させたところ、VDT負荷が原因の慢性および急性のいずれの眼精疲労自覚症状に対しても、軽減効果が示唆された(※7)といった研究がされています。

まとめ

目の疲れは実験装置などで数値化するのが難しいので、被験者のアンケートに頼ることになりますが、被験者の感じたこと、それは言い換えると「実感」。人によって感じ方の違いはありますが、これまでの研究結果を合わせると、やはり「アントシアニン」には目に対する働きがあるといえそうですね。

「アントシアニン」を多く含む食品といえばブルーベリーやビルベリーなどの青紫色のベリーが一般的です。目の疲れを感じたら青紫色のパワーを摂ってみてはいかがでしょうか。

【参考】

7月15日~8月31日まで期間限定でブルーベリー月間フェア開催中

7月15日~8月31日まで期間限定でブルーベリー月間フェア開催中

この記事を書いた人(監修)

わかさ生活プロアドバイザー
戸田 友里

2人の子どもを持つお母さん。
目のこと、健康のこと、栄養のことになるとつい時間を忘れてしまうとか。持ち前の好奇心と向上心から進んで読書やセミナーに参加し、常に新しい情報をアップデート中。

シェアして友達に教えよう!

  • ラインのアイコン
  • ツイッターのアイコン
  • facebookのアイコン
メノコトLifeトップへ
トップへ