メノコトコラム

ビジョントレーニング

2020.04.28

トレーニング コラム

第3回 おうち時間も楽しく!親子でビジョントレーニング!

01:目と身体を使ったビジョントレーニング

おうち時間が増えて、パソコンやスマートフォン、ゲームなどで目を使う時間が増えていませんか?小さな画面を近くで見る時間が増えるほど、目に対する負担も大きくなっていきます。

小さな画面を見る時は、眼球を大きく動かす必要がないため、目の筋肉自体の動きが小さくなる傾向にあります。逆に、近くに焦点を合わせるための筋肉は緊張状態が続くので、凝り固まって血流が悪くなり、疲れを感じたり、ピント調節がスムーズに行われず、視力の低下を感じるなどの不調に繋がります。

また、スマートフォンやゲームなどは、同じ姿勢でいる時間も長くなりがち。目だけでなく体の筋肉も凝っている可能性があります。

思い当たる方には、目と体のチームワークを鍛えるビジョントレーニングがお勧めです。立っても椅子に座ったままでもできるので、小さなお子さんからおじいちゃん、おばあちゃん、みなさんで楽しみながらやってもらえるのもポイントです!

やり方は簡単。「右上から左へ」「左上から右へ」など、どこかスタートを決めて、順番に足の動きをまねしていきます。最初はゆっくりで構わないので、音楽や手拍子に合わせてリズミカルに動かしてみましょう。

文字を読んだり書いたりするのも、スポーツなどもそうですが、私たちは目で見た情報を脳が認識、判断し、指令となって全身に伝わり、動作に繋がるという、視覚情報から体を動かすことが多くあります。

目で見て体を動かす。この一連の流れがスムーズだと、飛んできたボールや、ぶつかりそうになった時に避けるなど、見たものにすばやく反応できるようになるともいわれています。

何より、目も体も凝り固まった筋肉をほぐすことで、血流が良くなり疲労感も和らぐことが期待できます。おうち時間を効果的につかって、目も体もスッキリさせましょう!

この記事を書いた人(監修)

わかさ生活プロアドバイザー
戸田 友里

2人の子どもを持つお母さん。
目のこと、健康のこと、栄養のことになるとつい時間を忘れてしまうとか。持ち前の好奇心と向上心から進んで読書やセミナーに参加し、常に新しい情報をアップデート中。

シェアして友達に教えよう!

  • ラインのアイコン
  • ツイッターのアイコン
  • facebookのアイコン
メノコトLifeトップへ
トップへ