メノコトコラム

教えてブルーベリー博士

2020.04.22

学習 コラム

アントシアニンで簡単おうち実験

ひとみの健康成分「アントシアニン」が含まれている食材

新型コロナウイルスの影響により外出自粛要請が出されている中、おうちで過ごすお子さんが増えているのではないでしょうか。
この記事では、おうちの中で簡単にできる実験を交えながら、「アントシアニン」という不思議な天然色素を紹介します。

皆さんはアントシアニンって知っていますか?言葉は聞いたことがあるけれど、どんなものかよくわからない、という方も多いのではないでしょうか。

アントシアニンとは、ブルーベリーやナス、黒豆の皮に含まれる青紫色の天然色素。
ただ青いだけでなく、ひとみの健康に役立つ栄養素ということで、ブルーベリーアイをはじめとするサプリメントにも配合されています。

アントシアニンは水に溶ける「水溶性」の成分ですが、ちょっと変わった性質があり、周りの環境によって色が変わるのです。その性質を活かした簡単な実験を紹介します。
おうちで過ごす時間が長い今だからこそ、ぜひ試してみてくださいね。

【実験のやり方】

  1. 紫キャベツや紫玉ねぎをお湯で煮てアントシアニンを抽出しましょう。
    ※お子さんと一緒にする際はくれぐれも火傷にご注意ください。
  2. アントシアニンが溶けだした水をコップに3等分に分けます。
  3. 1つ目のコップにレモン汁やお酢(酸性)を加えてみましょう。
  4. 2つ目のコップに重曹やにがり(アルカリ性)を加えてみましょう。

アントシアニンの溶け出した水(中性)にレモン汁やお酢(酸性)、重曹やにがり(アルカリ性)を混ぜると、紫一色だった液体の色が変化!

実験中の写真。左から赤紫酸性、青紫アルカリ性、紫中性

アントシアニンが水に溶けた状態(中性)は紫色を示しますが、酸性では赤色、アルカリ性では青色に変化する性質があります。酸性度が強ければ強いほど鮮やかな赤色になり、少しずつ色の変化を楽しめます。

おうち時間を楽しく過ごせるアントシアニンの実験。
とっても興味深い成分ですね。ぜひ試してみてください!

アントシアニンの健康作用についてまとめた記事は、こちらもご覧ください。
https://shop.wakasa.jp/blueberryeye/article/8/

おすすめ商品

この記事を書いた人(監修)

わかさ生活みらい研究所研究員
大江 絵美

知識が豊富で探求心旺盛な理系女子。
ビルベリーが大好きでビルベリーに関して話し始めると止まらないビルベリー狂。
研究のことはもちろん時事ネタに至るまで、気になったら即行動・確認せずにはいられない!

シェアして友達に教えよう!

  • ラインのアイコン
  • ツイッターのアイコン
  • facebookのアイコン
メノコトLifeトップへ
トップへ