メノコトコラム

今知りたい!旬コラム

2020.04.21

学習 コラム

在宅ワークからくる疲れを和らげるオススメ食材4つを紹介

在宅ワーク疲れ

在宅ワークが増えて、普段とは違う姿勢でスマホやパソコンをカタカタ。
目の疲れを感じている方も多いのでは?
その目の疲れ、凝り固まった体の疲れからもやってきている可能性も。
座りっぱなしや普段とは異なる環境での仕事で、体のめぐりも滞りがちになります。
そんな目や体の疲れを癒すためにできることは、普段口にする食べ物や飲み物を見直すことです。
今回はそんなお悩みを和らげる、おすすめの食材を4つご紹介します。

1.ビタミンB1が豊富な「豚肉」

ビタミンB1が豊富な豚肉

豚肉はビタミンB1の含有量が、約50gで1日の必要量の半分が補給できるといわれています。さらに疲労回復にも役立つアミノ酸も含まれています。
手ごろな価格で購入もでき、栄養も満点です。

2.ビタミンB2が特に豊富!ビタミンAもB1も摂れる「レバー」

ビタミンB2が特に豊富、ビタミンAもB1も摂れるレバー

「体が疲れたなぁ」と感じたら、レバニラ炒めを食べる方もいるのではないでしょうか。
レバーは、ビタミンB2だけでなく、ビタミンA・B1・B2、鉄、たんぱく質が豊富で、万能な食材の1つです。

3.ひとみの健康成分アントシアニンを摂るなら「ブルーベリー」

ひとみの健康成分アントシアニンを摂るならブルーベリー

生果実も比較的手に入りやすく、冷凍果実であれば1年を通じて楽しむことができます。
ブルーベリーは、アントシアニンの他にも現代人に不足しがちな食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれます。
皮ごと手軽に食べることができるのも魅力ですね。

4.「黒酢」

血流を改善するクエン酸が多く含まれる黒酢

黒酢には、血流を改善するクエン酸が多く含まれています。さらに疲労回復に役立つアミノ酸も豊富に含まれ、健康だけでなく美容効果も期待できる食材です。

参考になりましたか?
今回紹介した食材を使った料理を考えるのも息抜きの1つになりそうですね。

今、期間限定でブルーベリーの黒酢を使った商品やレシピもご紹介しています。
ぜひご活用くださいね。

詳しくはこちらをご覧ください。

【参考資料】
※1『黒酢及びフルーツ黒酢中のD-アミノ酸の定量的解析』著:郷上佳孝ら
※2『黒酢および黒酢もろみ末の機能性』著:上野知子

この記事を書いた人(監修)

西川 結菜

おしゃべり大好き、食べるの大好き。管理栄養士として栄養面から健康や美容ををサポートしていきます。

シェアして友達に教えよう!

  • ラインのアイコン
  • ツイッターのアイコン
  • facebookのアイコン
メノコトLifeトップへ
トップへ